【50周年】ホワッツ・ゴーイン・オン/マーヴィン・ゲイ

1971年5月発売のアルバム

f:id:derbinglejp:20210620164032j:plain

f:id:derbinglejp:20210620164047j:plain

 

♪マーザ、マーザと印象的に始まる1曲目

そのままのトーンでアルバムが続いていく

ソウルミュージックと言うジャンルは全くの部外漢

というか、苦手

どうもあの高い声・大甘の声で繰り広げられるスウィートミュージック

という印象が拭えない

BGM的に流すのであれば1曲目ですでにキャッチー

しかし、そのまま埋没してしまうことが多い

正直、歌詞と向き合って聴くことはほとんど無い

 

今回取り出してきた解説、訳詞は

前回のアレサで言葉のコラムにヒットした泉山真奈美氏

その言葉のコラムで、第1回に取り上げられているのが本盤

その方の訳詞なら安心の太鼓判か

英詞については、ミュージシャン・クレジットとともに

初めて掲載された画期的なアルバム

ということで、その英詞はダブルジャケットの内面にあり

f:id:derbinglejp:20210620164126j:plain

だが、背表紙が痛むのが嫌なコレクターはその内面はしっかり見ることができない 

ただし、見れたとしても字が小さくなりすぎて読めないぞ!シルバーアイ

という事で、今回は訳詞と向き合っての視聴

  

f:id:derbinglejp:20210620164058j:plain

1曲目こそ一旦終わるが

2曲目以降、インターバルなく次曲へと突入

A面最後の6曲目まで全てその形で続く

歌詞の内容とも相まって、これはもう完全なコンセプト・アルバム

 

B面

⑦ ベースが大きくリズミカルなサイド

”Love” から転調

A面の作りなら、曲が分かれててもおかしくないかも

ラスト再び転調して⑧に突入

また、間断なく⑨へ

 

 

ボーナストラックの⑩はA面5曲目のシングル・バージョン

続く⑪もA面3曲目のシングル・バージョン(ただし、タイトルは変わってる)

どちらもシングルに相応わしい仕上がり

 

 

泉山真奈美氏は、当時の邦題を一刀両断してカタガナタイトルに変えられているが

こういう邦題はスキ

f:id:derbinglejp:20210620192001j:plain

 

f:id:derbinglejp:20210620164038j:plain

f:id:derbinglejp:20210620164115j:plain

 

2006/10/06 diskunionオークション(新品 1,733)

【DORA】お箸

ドラえもんグッズ

引き続いての50周年のためか

巷にはドラグッズが溢れてる

今回のエモノは岡山でゲットしたお箸

f:id:derbinglejp:20210620121552j:plain

弁当用のものは、そのサイズからして大人仕様

そのためか材質も天然木

f:id:derbinglejp:20210620121556j:plain

 

で、肝心のドラポイントは透明ケースの1点のみ

f:id:derbinglejp:20210620121601j:plain

 う〜ん、手づかみでどら焼き食べてるカットは箸ケースとして相応しいのか?

いや、そもそも

ペタリハンドに箸はくっついてもテコの原理が必要な挟めるような行為は可能なのか

ドラえもんの食事風景

椅子に座って4人で食卓を囲っているシーンの記憶はあるが

箸を使っていた?

 

 100年ドラを読む時の課題にしておこう

【50周年】ライブ・アット・フィルモア・ウエスト/アレサ・フランクリン

今回も50周年アルバムを

f:id:derbinglejp:20210615211953j:plain

我が家にあるのはアメリカンな廉価盤

f:id:derbinglejp:20210615212012j:plain

アトランティック時代の名盤5枚を

紙ジャケットというには余りにもオソマツなケースにダイレクトに入れるCD

それをピッタリサイズの紙ケースに入れるというスーパーコンパクトな仕様

こんなんだから、曲目記載の裏面もぼやけた仕上がり

f:id:derbinglejp:20210615212017j:plain

 

フィジカルはこんなだけど

内容はアレサの絶頂ライブ

と、「アレサ」と書いてきたけれど

冒頭のMCではどう聞いても「アリーサ」

 

1曲目から絶好調の「リスペクト」

この曲、最初の出会いは映画『ブルース・ブラザーズ2000』

f:id:derbinglejp:20210615212032j:plain

アレサが夫役のマット・ギター・マーフィーに

こんなくだらない連中より

妻の私を

♪ ちょっとくらいリスペクト(尊敬)しなさいよ

と、歌い踊るシーンが刷り込まれている

 

このアメリカンなCDには歌詞も訳詞も付いてない

ネットの翻訳みると

”サカトミサカトミ”とソラミミの ”Sock it to me” が

「私に靴下を」って訳される

ってさすがにそれは違うだろう!

 

 他にも探していくと

「ことばのコラム」なるサイトに詳細が

 

「リスペクト」を「尊敬」としてしまうと全くもって辻褄があわなくなる

リスペクトをセクシャルな意味で捉えると自然とのこと

意味の分からない「TCB」は  "take care of business"

ここでのビジネスもセクシャルに捉えることで

「やるべきことはやってよね」とスムーズに意味がとおる

 

おお、そうだったのか!と目からウロコだが

ブルブラ2000のベンツ・ディーラーのシーン

「ちょっとは尊敬してよね」が、すごく意味を成してたような

今度見直す時にはそのつもりで見てみよう

 

 

② スティーブン・スティルスの曲だけど完全にブッとびソウルに

 

③ 1分30秒のイントロに導かれて

「明日にかける橋」

S&G でもエルヴィスでもない全く別モノ

こんな風に歌えたら

さぞ気持ちいいんだろうと思わせる1曲

 

④ 最初にエリナ・リグビーって歌詞が無ければ想像もつかないビートルナンバー

 

⑤ ブレッド、⑥ ベン・E・キングはオリジナルを知らないからか

しっくり収まってるように聞こえます

 

ここでサイド・チェンジ

 

⑦ アレサの曲、ここでも taking care of business  のフレーズはある

 

⑧⑨ は同じスピリット・イン・ザ・ダーク

後の⑨は、客席のレイ・チャールズをステージに上げての共演

ネットには、レイはこの曲を知らずにステージに

そのことはレコードを聞けば分かるとの本人コメントもある

が、知らないからこの仕上がりなのか

もうリプライズですらない別モノ

即興でこれを作り上げてしまえるアレサ&レイの邂逅

 

そのままの流れで⑩ 

そして 〆

 

 

このライブ、ライノハンドメイドが4枚組を出した時に

買おうかとリストアップしてたんだけど結局スルー

 

当時はなんでも買ってたというのが実情だけど

スルーが正解かな

一発目から全開のリスペクトで始まって

レイを混じえての曲をブービー位置に配しての編集

この1枚を聴き込む方が賢いね

 

日本盤だと附属の歌詞・訳詞・解説だけで完結してしまいがち

ネット時代には、今回のように聞く方が

よりディープな理解が出来るかも

 

f:id:derbinglejp:20210615212039j:plain

 

 2010/03/06 HMV(2,000円)

【50周年】ela/ エリス・レジーナ

今回もレココレ1971年の音楽地図からの1枚

今回は前回のナラと犬猿の仲とされているエリス・レジーナ

f:id:derbinglejp:20210606092125j:plain

 我が家のCDは、ブラジル・メイドのボックス

f:id:derbinglejp:20210606092122j:plain

f:id:derbinglejp:20210606092205j:plain

ゆえに、歌詞カードは付いてるものの全編ポルトガル語(当たり前)

ボックス全体の解説もブックレットで付属しているけど

これまたポルトガル語オンリー(当たり前)

f:id:derbinglejp:20210606092129j:plain

ケース裏には、オリジナルLPの縮小写真とともに曲目一覧

f:id:derbinglejp:20210606092203j:plain

こちらも、全編(④のビートルナンバー除いて)ポルトガル語

完全に手に負えないので助けてネットくん

日本盤CDのタイトルリストがヒットしました

f:id:derbinglejp:20210605235919j:plain

 

 

① いきなりのサンバ

バックにはエレキベースが唸っている

中央にエリスのボーカル

極端に右に振っているブラス

左に振られているのはストリングス

 

前回取り上げたナラは普遍的な音なのに

こちらは時代を感じる音づくり

同じ1971年?

パリとブラジルっていう録音場所の違いも大きいのかな

 

② 前述のとおり、全て歌詞が掲載されてはいるもののポルトガル語

まさに猫に小判状態

またしてもネット検索

ポルトガル語英語混じえて歌われる本曲も翻訳機能で意味判明

エリスは、歌い上げています

 

③ 今となっては(個人的には?)気持ち悪いとしか表現できない時代を象徴する左の音に支えられてシャウトするエリス

 

④ ビートル・ナンバー

2年前のアビーロード収録曲

 

⑤ 左にピアノ、右にストリングス

バックに色んな音が入り過ぎて

個人的には、ちょっとしんどい

 

ここまでがA面

 

 

⑦ なんだか1970年代の日本の刑事ドラマで鳴ってそうな音

 

⑧ タイトル曲

落ち着いた曲調だけど、ここでもエレキベースの音がビンビン鳴ってて

ん〜好みじゃないんだな

 

⑨ シングルでヒット

これはピアノ&ストリングスがメインでベースは控えめ

f:id:derbinglejp:20210605233947j:plain

 

⑩ 音の鳴り方は前曲と同じ

 

⑪ 前回のナラも1枚目のラストに配していたジョビンの曲

ナラの方が断然好み

 


 

このアルバム

冒頭にも書いたように、完全に時代の音に仕上がっている

そして、その時代が好みじゃないもんだから

聞いていてしんどくなるかな

エリスとは言え

このCDはもういいかも

 

f:id:derbinglejp:20210606092152j:plain

透明トレーの下は黒一色

オリジナルLPの趣向の踏襲?

f:id:derbinglejp:20210606092211j:plain

タイトルはB面3曲目

イメージはA面2曲目のブラック・イズ・ビューティフルから来てるのか

 

 

 2012/03/28 HMV(17,486)

 

 

 

 

 

【発見】ウルトラセブンで凝視

日曜の朝は、NHKで放送している4Kリマスターのウルトラセブン

3週前に気付いてからは、洗濯干しながら見るのが定番

まあ、片手間に見ているんだけれど

キリヤマ隊長の時計ドアップに凝視

コマで戻して確認すると

スピードマスターの「プロフェッショナル」無しのタイプ

月面着陸前のウルトラセブン(1967年10月~1968年9月)なら

そうなのか!

 

検索すると周知の事実

それよりも、2018年には「帰ってきたウルトラマン」モデルなるものが

2012本限定で発売されたとのこと

商魂たくまし過ぎではないのかオメガ?

 

と、言いながら

我が家のオメガは月着陸25周年モデル

f:id:derbinglejp:20210530170130j:plain

限定大好きコンシューマーと商魂メーカーの蜜月

 

【DORA】ミニ・シェラカップ(BE-PAL付録)

今月号の BE-PAL 発売は5月7日

付録にドラが付いてるのを知ったのは10日後くらいだったかな

近くのツタヤに行くものの

無い

アマゾンはじめネットでも

定価では無い

まあ、要らないよね~

なんて思ってたけれど

予定のない土日にはちょっぴり遠い大型スーパーに

何気なく立ち寄った本屋

見本と共に

3冊の本誌が平積み

見本のシェラカップはずっしり重くしっかりしたツクリ

その場でメルカリ・チェックすると定価以上の価格で取引されている

 

いつかする(かもしれない)ソロ・キャンプに備えて持っておくのも悪くない

いやいや、真っ当な選択ではないか

f:id:derbinglejp:20210530165948j:plain

雑誌に強く縛られていたために箱は凹んでいる

f:id:derbinglejp:20210530170023j:plain

売る訳でもないので

良しとしよう

f:id:derbinglejp:20210530170027j:plain

目盛りがあるから普段の料理でも使える?

おつまみ盛り付けもありかな

 

f:id:derbinglejp:20210530170005j:plain

今になってドラえもんが増殖している

【DORA】63円切手

我が家にどこでもドアが来たのを受けて

切手をプレゼントしてもらう

切手にはもちろんどこでもドア

f:id:derbinglejp:20210530165923j:plain

令和2年5月20日発行のシートは

いわゆる本局ではもう見かけないらしいが

街なかの簡易郵便局には現役で売られていたとのこと

 

肝心な切手のデザインは

どこでもドアでテレポーテーション

旅装のドラえもんが各地で楽しんでいる

f:id:derbinglejp:20210530165928j:plain

何故か、鼻、首輪、しっぽが茶色い

そのせいでもないだろうけどドラえもんの顔に違和感

長い連載期間(読んでいない後年)にはこんなドラえもんもあったのだろうか

 

日本郵便株式会社のHPに答えが出ていました

f:id:derbinglejp:20210530171642j:plain